旅客船インデックスエリアで見る・航路で見る・客船会社・関係機関インデックス 北海道旅客船協会について イベントインフォメーション

イベントインフォメーション

イベントインフォメーション

北海道旅客船の繁忙期に向けた観光支援事業の募集について

北海道旅客船協会では、この夏の繫忙期に向けた広告事業の提案募集をしております。詳細は以下をご覧ください。

 

『北海道の旅客船の繁忙期に向けた観光支援事業について』

令和 4 年 7 月 8 日

北海道旅客船協会会員である旅客船の繁忙期に向けた観光支援のための業務の提案を以下のとおり募集します。

《業 務 名》
北海道の旅客船の繁忙期に向けた観光支援事業
《目 的》
知床観光船事故によるマイナスイメージが懸念される中、繁忙期(7 月下旬~9 月末)への影響を最小限にとどめ、道内外からの誘客を促進するため、安全・安心の取組を広く周知・宣伝を行う。
《業 務》
上記の業務の目的を達成するため、北海道旅客船協会の会員事業者が取り組む安心・安全の取組を、北海道旅行を検討・計画している見込み客に周知するとともに、旅客船を使
った観光の魅力を発信し、繁忙期の乗船に繋げるための広告施策。

 

繁忙期の乗船に繋げる広告施策
【テ ー マ】安心して楽しむ!北海道の旅客船
【ターゲット】首都圏のシニア層(一般消費者)
北海道在住のファミリー層(一般消費者)
【発信対象】①利尻~礼文~稚内(ハートランドフェリー㈱)、②青函フェリー(青函フェリー㈱)、③大沼(大沼合同遊船㈱)、④苫小牧~大洗(商船三井フェリー㈱)⑤室蘭 (工場夜景:スターマリン㈱)⑥洞爺湖(洞爺湖汽船㈱)、⑦阿寒湖(阿寒観光汽船㈱)、⑧釧路ナイトクルーズ(㈲アイコム)、⑨ウトロ(道東観光開発㈱)、⑩羅臼(㈲丸は宝来水産、㈲知床ネーチャークルーズ)⑪㈱小樽観光振興公社、⑫積丹水中展望船(㈱積丹観光振興公社)
【業務内容】発信対象の旅客船の安心安全の取り組みと魅力ある北海道観光を各種の媒体や広告手法を活用し、あるいは組み合わせ、それぞれのターゲット層に響く効果的なプロモーションを企画し実施する。
【広告期間】令和 4 年7月下旬~9月 30 日(開始時期については受託決定後に協議の上決定)
【報告期限】令和 4 年 10 月 31 日
【業務期間】契約日~令和4年 11 月 30 日

当該施策に係る留意事項
ア)それぞれのターゲット層にリーチさせる広告手法・媒体について具体的に提案するとともに、事業指標及び成果指標を設定し、それぞれの設定目標、当該事業指標及び成果指
標の具体的な測定方法、測定時期を示すこと。
イ)広告の手法については概ね以下から選択(複数可)することとする。
①LP の作成②動画作成③メディアでの広告(インターネット広告、マス広告)④その他(具体的に)
ウ) 具体的な発信内容や素材の提供については、北海道旅客船協会と調整を行うこと。また、取材が必要となる場合はその時期及び取材先についても北海道旅客船協会と調整
を行うこと。
エ)YouTuber、Tik Toker、インフルエンサー等を活用する場合は、具体名、フォロワー数及びその属性や発信力について明記すること。
オ)動画の制作を伴う場合は、発信対象への取材を前提とするが、著作権に抵触しない既存の素材を活用することも可能とする。また、制作・発信した動画は北海道旅客船協
会の WEB サイトへリンクが貼れるように調整すること。
カ)広告の誘導先は北海道旅客船協会のトップページを基本とする。なお、本業務においてLPを作成する場合はこの限りではない。また、北海道旅客船協会の公式サイトは
改修予定があるため、注意すること。
キ) 本事業において、取材に必要となる手配にあっては、旅行業法に抵触することのないようにすること。
ク)業務体制(人員体制を含む。但し、必ずしも氏名を明示する必要はない。)並びに業務の総括責任者及び各パートの責任者の役職及び実績を示すこと。
ケ)提案者及び業務体制を構成する事業者の会社概要並びにこれまでの類似業務の実施実績を示すこと。
コ)準備及び効果測定を含めた業務スケジュールを示すこと。
サ)見積もり(業務の実施に必要な経費の総額及び内訳を明らかにした見積を示すこと。)
シ)企画提案に係る一切の経費については提案者の負担とする。
ス)報告期限までに、実施概要、実施結果及び効果(実施により得られた誘客効果やその他二次的なプロモーション効果等)を取りまとめ、報告するものとする。報告は、画像や
図表、数値データを用いて、できる限り分かりやすいものにすること。

〔予 算 規 模〕
本業務の上限は 5,000,000 円(消費税及び地方消費税を含む)
〔提案締め切り及び応募先〕
ア)令和 4 年 7 月 14 日 17:00
イ)Pdf ファイルにより ho-ships@s8.dion.ne.jp に電子メールで送信すること。
〔その他〕
企画提案を行うにあたっての問い合わせ先
北海道旅客船協会

電子メール :ho-ships@s8.dion.ne.jp
電話番号 :0134(25)9520
担当携帯:090-1523-4132